ブログ

2014.11.29更新

もうすぐ12月です。

 

 

日本橋界隈もクリスマスという感じです。

 

 

日本橋3丁目は、イルミネーションが飾られ、

 

一段とまた素敵な雰囲気になりました。

 

患者様との会話の中にも少しずつ、

 

「よいお年をお迎えください」

 

という言葉が交わされるようになってきました。

 

ここにきて、増えているのが ソルトピーリング や アポジー をなさる方です。

 

 

年末にお顔の角質の大掃除、大切な人と会う前に、

 

そして自分へのご褒美として

 

ソルトピーリング もしくは 美顔治療のアポジー はいかがでしょうか。


ソルトピーリング とは、名前の通り、

 

特殊に加工されたお塩を使って、

 

敏感肌にもやさしくお顔の角質除去を致します。

 

 

ソルトピーリング終了後、超音波導入 をし、

 

コラーゲンパック をします。

 

 

パック終了後すぐに、お化粧も可能です。

 

 

肌の色の白さや、モチモチ感、お化粧のノリの良さを

 

すぐに実感していただけることでしょう。

 


お時間は全部で1時間くらいです。

 

 

そして、しっかり肌のタルミを引き締めながら、

 

きめを整え、また肌に透明感をという方には アポジー がお勧めです。

 

ソルトピーリング、そして美顔治療アポジーは

 

リピーターになられる方がとても多いです。

 

 

ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

皆様のご来院、お待ちしております。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

タルミ・しわ 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/wrinkle/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.17更新

寒さが増してまいりました。

 

ハロウィーンが終わった途端、

 

日本橋もクリスマスムードです。

 


さて今日は「粉瘤」のお話です。

 

 

「粉瘤(アテローム)」と言われても


「?」という方が多いのではないでしょうか?

 

 

最近「粉瘤」のお問い合わせがとても多くなっています。

 

 

当院にいらっしゃる患者様からは


「おできができてしまった」 とか


「ニキビみたいなできものが急に大きくなった」

  

とお話しされる方が多いです。

 

 

「何年も前から背中にできものがあった」


と言われる方もいらっしゃれば

  

「ここ数日で急に大きくなったから気になった」

 
という方もいらっしゃいます。

 

 

「粉瘤」とは、皮膚が剥がれ落ちた垢などの老廃物が、


皮膚の下にできた袋にたまった状態をいいます。

 

 

体のどこにでもできますが、

 

顔や背中、耳の後ろ などが好発部位です。

 

 

袋の中のものが、外に出るとちょっと臭いにおいがします。

 

大きさは、数ミリメートルの小さいものから、

 

数センチの大きなものまで様々です。

 

 

特に急速に大きくなったものは、

 

できるだけ早い受診をおすすめいたします。

 


袋が破れてしまい、中のものが外に出てしまうと

 

化膿してしまう場合があるからです。

 

 

「粉瘤」の基本的な治療法は手術になります。

 

 

保険適応です。

  

 

手術時間は大きさにもよりますが、30分から1時間ほどです。

 

局所麻酔の手術になります。


手術中の痛みですが、

 

麻酔をするときの注射が少し痛いくらいで

 

麻酔の注射以降はほとんどありません。

 

 

最初から当院にかかられる患者様もいらっしゃれば、


皮膚科の先生からのご紹介でいらっしゃる方も増えています。


また「粉瘤」の手術を他院でしたあとの

 

「傷あと」の治療でご来院される方もいらっしゃいます。

 

 

「粉瘤」は、気づいたらできるだけ早く受診されるのが一番です。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.10更新

夏が終わり、

 

脱毛のお問い合わせが増えております。

 

 

秋から始めると順調にいけば

 

来年の夏くらいに脱毛が終了する計画になります。

 

 

 

まずは、ワキから・・・という方もいれば

 

全身脱毛をご希望される方まで。

 

 

時間がないけれど、毛が濃くて気になるという方におすすめなのが、

 

ワキ+ひざ下 のセットです。

 

 

ワキ+ヒザ下のセットは6回となっており、

 

1回1時間~1時間半ほどのお時間がかかります。

 

 

ひざ下の脱毛をすると、

 

スカートやクロップドパンツの時に

 

気になりません。

 

 

ただ、ひざ下と太ももの境目ができてしまうというのが気になる方は

 

やはり 全身脱毛 をおすすめいたします。

 

 

当クリニックでは、アレキサンドライトレーザー(Gentle MAX)

 

を使用しております。

 

 

初診相談は、無料となっております。

 

 

脱毛を考えていらっしゃる方、

 

ぜひ一度ご相談にいらしていただけたらと思います。

 

 

ご来院、お待ちしております。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

医療レーザー脱毛 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/hair_removal/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.04更新

今日は『肝斑』についてのお話です。

 

 

肝斑とは、茶から黒っぽい色素斑で、シミともクスミとも言えない状態のものです。

 

 

一般的にいうクスミとは、肝斑の薄い状態と考えて差し支えないと思います。

 

 

肝斑はすぐにレーザーを照射してしまうと、逆に濃くなってしまうことがあったので

 

昔は、レーザー治療は禁!!と言われていました。

 

 

今は、レーザーの出力などを細かく設定することで、肝斑のレーザー治療も

 

可能になりました。

 

 

当院では、肝斑の治療には、

 

Q-スイッチヤグレーザー

 

アレキサンドライトレーザー

 

の2種類を使用しております。

 

 

場合によっては、内服薬や外用薬も併用します。

 

内服薬は、主にトランサミンという薬を使います。

 

この薬は、のどが痛いとき、また止血剤として使われているお薬です

 

これがなぜ肝斑に効果があるのか正直よくわかっていません。

 

でもこれを飲んだだけで、相当シミが薄くなったという方もたくさんいらっしゃいます。

 

なかなか不思議なお薬です。

 

 

また塗り薬はハイドロキノンといいます。

 

肌を漂白するといわれているお薬です。

 

 

肝斑があると、顔がとても暗く見えてしまいます。

 

紫外線が少なくなるこの時期が、一番肝斑の治療にはおすすめです。

 

またしみ全般に言えることですが、日焼け止めの使用はとても重要なポイントとなります。

 

 

またまれにハイドロキノンのお薬が合わないという方もいらっしゃいます。

 

その場合は、ルミキシルも一度お試しいただくとよいかもしれません。

 

 

ご希望の方にはご来院時サンプルをお渡ししております。

 

お気軽にお声かけください。

 

 

クスミでお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

シミ・ソバカス・肝斑 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/age_spot/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック