ブログ

2016.09.24更新

9月も下旬。

雨ばかり続く今日この頃。

急に少し肌寒い日が続き、何を着てよいのかわからない時期ですね。

 

ブログもずいぶんご無沙汰致しておりました。

 

今日は、10月7日(金)のリオ五輪凱旋パレードに関してのお知らせです。

 

10月7日(金)のリオ五輪凱旋パレードは中央通りを通るそうです。

そのため当日は時間帯によって中央通りをわたることができなくなると思います。

 

東京駅側からご来院予定の方は、

地下を通って高島屋側に出られたほうがよろしいかと思います。

またお車でのご来院は難しいと思われますのでご注意ください。

 

クリニックの窓から少し顔を出したら雰囲気だけは味わえるのではないかと

私たちもパレードを楽しみにしています。

 

 

 

現在クリニックでは、あざ、傷跡、ケロイド、肥厚性瘢痕、うおのめ、イボ、

また9月に入り、しみ、ほくろ、くすみ、肝斑、黄色種などの治療でご来院なさる方が多く、

初診のご予約は現時点では早くて10月7日(金)以降となっております。

 

前日、もしくは当日キャンセル等がある場合もございますので、

初診予約をご希望の方は、

お電話をいただけたらと思います。

 

初診時は相談のみでも可能です。

 

赤ちゃんの治療がたいへん増えております。

乳幼児などお子さんの場合は、初診の際はゆっくりと保護者の方とお話をさせていただいたうえで

基本的には後日治療とさせていただいております。

 

お悩みの方は、一度ご相談いただけたらと思います。

 

日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2016.07.19更新

7月も下旬にさしかかってまいりました。

当院も先日の7月13日で満6年を迎えました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

また8月10日(水)~8月16日(火)まで

夏期休診となります。

8月10日(火)の診療時間は午後6時までとなります。

ご了承ください。

 

いろいろとブログで、お伝えしたいこと、

また知っていただきたいことが

たくさんあるのですが、

毎日ぱたぱたと日々が過ぎ

なかなか書くことができず・・。

 

最近の当院の傾向ですが、

 

・魚の目でご来院いただく方の中で

ミルメシアの方の割合が急激に増えました。

(ブログを読んで下さり、ご自身でミルメシアかも・・と思って

ご来院される方もとても増えました。)

 

・あざの治療をご希望の方は以前から多かったのですが、

異所性蒙古斑、太田母斑・・赤ちゃんから70代までの幅広い層の方

黒あざ、茶あざ・・新生児から学童、未成年の方

の割合がやはり急激に増えております。

 

特にあざに関しては、新生児のうちにご相談にいらっしゃる方が

とても増えてまいりました。

 

その中でも最近、特に多いのが黒あざです。

また海外からは赤あざの治療をご希望で

ご来院される方が多いです。

 

一つ一つの疾患でもっと詳しくいろいろなお話を

ブログで書かせていただけたらと思っております。

 

現在近日中(大体約一週間前後)は、初診のご予約は難しい状況です。

キャンセルがあればお取りできることもございます。

 

ご予約はお電話のほうがスムーズに行えます。

メールでの初診もお受けしておりますが、

最終確認はお電話となります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2016.02.24更新

2月も下旬となりました。

 

少しずつですが、花粉が飛び始めているようですねclover

アレルギー性鼻炎のレーザー治療をご希望される方が

増えてまいりました。

 

また、アザや傷跡、タルミのレーザー治療で

ご来院される方も増えております。

 

そのため現在、初診のご予約ですが、

1週間先までは、いっぱいの状況です。

また土日に至っては、2、3週間先にならないと

なかなかお取りできない状況となっております。

 

ご迷惑をおかけいたしまして

大変申し訳ございません。

 

ですが、前日、または当日にキャンセルが出ることもございます。

タイミングが合えば、当日のご予約も可能です。

ご希望がございましたら、

是非、お電話でお問い合わせをしていただければ幸いです。

 

また、海外からご来院の方も大変増えております

 

通常、治療をなさった場合、治療後一週間前後で

患部を拝見させていただいております。

 

そのため、海外から一時的にいらっしゃってご来院される方は、

治療後一週間前後でのご来院が難しい場合、

状況にもよりますが、

先生とご相談のうえで治療を開始しております。

 

安心、安全な治療を行うため

その旨、ご理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

また当院の院長は、英語で母国語と同じように会話をすることが可能ですが、

残念ながらスタッフは出来ませんnamida

 

そのため、ご予約の際は、メールもしくは

日本語のお話が可能な方を通してご連絡をいただけたらと思います。

 

ご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ございません。

 

詳しくは、お問い合わせいただけたらと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック
http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.10.27更新

今日は、赤ちゃんのあざについてお話をします。

 

 

当クリニックへの問い合わせの中でも「アザ」に関するお問い合わせは

 

とても多いです

 

中でも赤ちゃんやおこさんのアザで悩まれている方がたくさんいらっしゃいます

 

赤ちゃんのアザですが、単刀直入に申し上げます

 

「一度相談してみましょう」

 

 

「大丈夫よ~、それくらい。大きくなったら消えるわよ~。」

 

なんて言われたり、また言ってしまったりしてませんか?

 

 

確かに大人になって消えるものもあります

 

消えないものは・・成長とともに大きくなっていきます

 

薄くなるものもありますが、濃くなる場合もあります

 

 

どんな種類のあざなのか、

 

治療をしたほうがいいのか、経過をみた方がよいのか、

 

治療はいつからできるのか・・など

 

見通しを立てることが必要です。

 

 

小さいから治療はかわいそう・・そのお気持ちはとてもよくわかります。

 

 

まずは、ぜひご相談ください。

 

 

日本橋Fレーザークリニックは初診相談は無料となっております。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アザ治療 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/bruise/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.10.22更新

今日は 「 青あざ 」  のお話です。

 

 

「 青あざ 」 の代表的なものは、

 

太田母斑 や 蒙古斑(もうこはん)、異所性蒙古斑 と言われるものになります。

 

 

最近 青あざ の治療をなさる方が、大変増えていらっしゃいます。

 

 

中には違う治療でご来院されていて、青あざ の話になって

 

「治らないと思っていた・・」とおっしゃる方もいらっしゃいました。

 

 

「青あざ」は、レーザー治療が 非常に効果的 です。

 

 

青あざ、黒あざ、茶あざ、赤あざ・・とあざにもいろいろな種類がありますが、

 

すべてレーザーの種類や、治療方法が違います。

 

  

中でも青あざはレーザーに対する反応が非常によいです。

 

また保険治療適応でもあります。

 

 

治療は、何回か必要になりますが、効果を実感いただけると思います。

 

詳細は、ホームページをご覧ください。

 

当院にご来院になって青あざの治療をなさっている方は

 

男女問わず、小さいお子さんから

 

最近では、40代、50代、60代の方がとても多いです。

 

 

蒙古斑や、異所性蒙古斑で小さい範囲だと

 

会社帰りに治療されていく方も多いです。

 

 

初診相談は無料となっております。

 

青あざでお悩みの方、いつでもお問いあわせください

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アザ治療 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/bruise/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.08.04更新

今日は 黒アザ についてです。

 

 

ホクロの大きいもののような、でもなんとなくホクロとは違う・・というとき

 

黒アザ の可能性が、高いです。

 

 

黒アザは、正式には 母斑細胞母斑 といいます。

 

濃い茶色から黒色のアザで、

 

表面は正常皮膚様からざらついて軽度隆起したもの

 

毛が生えているものまで様々です。

 

 

大きさはまちまちで、小さいものから、全身にわたるものまであります。

 

 

黒アザ治療は、この母斑細胞をこわし、

 

できるだけ周囲の正常皮膚で治るように行っていきます。

 

 

効率よく母斑細胞を壊すためには、複数のレーザーが必要となります。

 

 

治療回数、治療期間は、黒痣の状況や大きさによって変わってきますので

 

まずは拝見させていただいて、治療方針を決めるところから始まります。

 

 

ホクロや黒あざでお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アザ治療 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/bruise/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック