ブログ

2014.08.04更新

今日は 黒アザ についてです。

 

 

ホクロの大きいもののような、でもなんとなくホクロとは違う・・というとき

 

黒アザ の可能性が、高いです。

 

 

黒アザは、正式には 母斑細胞母斑 といいます。

 

濃い茶色から黒色のアザで、

 

表面は正常皮膚様からざらついて軽度隆起したもの

 

毛が生えているものまで様々です。

 

 

大きさはまちまちで、小さいものから、全身にわたるものまであります。

 

 

黒アザ治療は、この母斑細胞をこわし、

 

できるだけ周囲の正常皮膚で治るように行っていきます。

 

 

効率よく母斑細胞を壊すためには、複数のレーザーが必要となります。

 

 

治療回数、治療期間は、黒痣の状況や大きさによって変わってきますので

 

まずは拝見させていただいて、治療方針を決めるところから始まります。

 

 

ホクロや黒あざでお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アザ治療 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/bruise/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック