ブログ

2016.09.24更新

9月も下旬。

雨ばかり続く今日この頃。

急に少し肌寒い日が続き、何を着てよいのかわからない時期ですね。

 

ブログもずいぶんご無沙汰致しておりました。

 

今日は、10月7日(金)のリオ五輪凱旋パレードに関してのお知らせです。

 

10月7日(金)のリオ五輪凱旋パレードは中央通りを通るそうです。

そのため当日は時間帯によって中央通りをわたることができなくなると思います。

 

東京駅側からご来院予定の方は、

地下を通って高島屋側に出られたほうがよろしいかと思います。

またお車でのご来院は難しいと思われますのでご注意ください。

 

クリニックの窓から少し顔を出したら雰囲気だけは味わえるのではないかと

私たちもパレードを楽しみにしています。

 

 

 

現在クリニックでは、あざ、傷跡、ケロイド、肥厚性瘢痕、うおのめ、イボ、

また9月に入り、しみ、ほくろ、くすみ、肝斑、黄色種などの治療でご来院なさる方が多く、

初診のご予約は現時点では早くて10月7日(金)以降となっております。

 

前日、もしくは当日キャンセル等がある場合もございますので、

初診予約をご希望の方は、

お電話をいただけたらと思います。

 

初診時は相談のみでも可能です。

 

赤ちゃんの治療がたいへん増えております。

乳幼児などお子さんの場合は、初診の際はゆっくりと保護者の方とお話をさせていただいたうえで

基本的には後日治療とさせていただいております。

 

お悩みの方は、一度ご相談いただけたらと思います。

 

日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2016.02.24更新

2月も下旬となりました。

 

少しずつですが、花粉が飛び始めているようですねclover

アレルギー性鼻炎のレーザー治療をご希望される方が

増えてまいりました。

 

また、アザや傷跡、タルミのレーザー治療で

ご来院される方も増えております。

 

そのため現在、初診のご予約ですが、

1週間先までは、いっぱいの状況です。

また土日に至っては、2、3週間先にならないと

なかなかお取りできない状況となっております。

 

ご迷惑をおかけいたしまして

大変申し訳ございません。

 

ですが、前日、または当日にキャンセルが出ることもございます。

タイミングが合えば、当日のご予約も可能です。

ご希望がございましたら、

是非、お電話でお問い合わせをしていただければ幸いです。

 

また、海外からご来院の方も大変増えております

 

通常、治療をなさった場合、治療後一週間前後で

患部を拝見させていただいております。

 

そのため、海外から一時的にいらっしゃってご来院される方は、

治療後一週間前後でのご来院が難しい場合、

状況にもよりますが、

先生とご相談のうえで治療を開始しております。

 

安心、安全な治療を行うため

その旨、ご理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

また当院の院長は、英語で母国語と同じように会話をすることが可能ですが、

残念ながらスタッフは出来ませんnamida

 

そのため、ご予約の際は、メールもしくは

日本語のお話が可能な方を通してご連絡をいただけたらと思います。

 

ご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ございません。

 

詳しくは、お問い合わせいただけたらと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック
http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2015.11.07更新

夏が終わり、秋も深まってくるとシミ、ソバカス、肝斑の治療を

 

ご希望なさる方が増えてまいります。

 

 

 

今日は、肝斑のお話です。

 

 

肝斑の治療には、

 

 

① レーザー

 

② 内服薬

 

③ 外用薬

 

 

の3つが大事な要素になってきます。

 

 

 

①のレーザーですが、以前は、レーザー治療は肝斑には強すぎる!ということで

 

肝斑=レーザー禁忌

 

というのが一般的でした。

 

 

しかし、現在では、Q-スイッチヤグレーザーという機械がでてきて

 

肝斑やくすみ等に大活躍してくれています。

 

 

Q-スイッチヤグレーザーは、設定によっては

 

黒アザや刺青をとる治療などにも効果を発揮します。

 

 

肝斑の治療の場合、Qースイッチヤグレーザーで治療をすると

 

最初から変化を感じられる方もいらっしゃいますが、

 

2,3回回数を重ねてから

 

「あれっ、なんとなく肌が明るくなってきた!」

 

という感じ方をされる方が多いです。

 

治療中は、砂が当たっているような感じという方もいらっしゃいます。

 

 

ファンデーションを買いに行ったら、

 

いつもより一つ明るめのを勧められたという方がとても多いです。

 

 

 

②の内服薬はトラネキサム酸のお薬を飲んでいただきます。

 

 

③の外用薬は「ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンは酸化しやすいため

 

当院では、当院内でそれだけでも使用できるモイスチャアークリームに

 

ハイドロキノンを配合しております。

 

そのため伸びがよく、使い心地も非常になめらかです。

 

患者さんの中には、スキンケアの一環として

 

ご希望でお使いになられている方もいらっしゃいます。

 

これら三本柱をしっかり行っていただくことで、

 

肝斑は改善されます。

 

 

 

現在、当院では 秋のキャンペーン として 

 

 

Q-スイッチヤグレーザー顔全体5回コース¥162,000(税込)のところ  ¥108,000

 

で行っております。

 

 

 

肝斑でお悩みの方、是非一度ご相談いただけたらと思います。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック
http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 




シミ・ソバカス・肝斑 関連ページ
http://www.nihonbashi-f-laser.com/age_spot/

 

    

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.04更新

今日は『肝斑』についてのお話です。

 

 

肝斑とは、茶から黒っぽい色素斑で、シミともクスミとも言えない状態のものです。

 

 

一般的にいうクスミとは、肝斑の薄い状態と考えて差し支えないと思います。

 

 

肝斑はすぐにレーザーを照射してしまうと、逆に濃くなってしまうことがあったので

 

昔は、レーザー治療は禁!!と言われていました。

 

 

今は、レーザーの出力などを細かく設定することで、肝斑のレーザー治療も

 

可能になりました。

 

 

当院では、肝斑の治療には、

 

Q-スイッチヤグレーザー

 

アレキサンドライトレーザー

 

の2種類を使用しております。

 

 

場合によっては、内服薬や外用薬も併用します。

 

内服薬は、主にトランサミンという薬を使います。

 

この薬は、のどが痛いとき、また止血剤として使われているお薬です

 

これがなぜ肝斑に効果があるのか正直よくわかっていません。

 

でもこれを飲んだだけで、相当シミが薄くなったという方もたくさんいらっしゃいます。

 

なかなか不思議なお薬です。

 

 

また塗り薬はハイドロキノンといいます。

 

肌を漂白するといわれているお薬です。

 

 

肝斑があると、顔がとても暗く見えてしまいます。

 

紫外線が少なくなるこの時期が、一番肝斑の治療にはおすすめです。

 

またしみ全般に言えることですが、日焼け止めの使用はとても重要なポイントとなります。

 

 

またまれにハイドロキノンのお薬が合わないという方もいらっしゃいます。

 

その場合は、ルミキシルも一度お試しいただくとよいかもしれません。

 

 

ご希望の方にはご来院時サンプルをお渡ししております。

 

お気軽にお声かけください。

 

 

クスミでお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

シミ・ソバカス・肝斑 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/age_spot/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.10.24更新

傷あと の治療をなさる方

 

シミ の治療をなさる方、

 

ほくろ の治療をなさる方

 

イボ の治療をなさる方

 

魚の目 の治療をなさる方

 

アザ の治療をなさる方などなど・・

 

 

これらの治療に共通するのが、

 

ガーゼ を患部に数日貼る治療になるということです。

 

 

大きさや疾患によっては・・たとえばニキビニキビ、ソバカスなど・・

 

ガーゼを貼らない場合もあります。

 

 

みなさん、お休みの前に治療をしたいという方が多いです。

 

  

シミ・ほくろ・イボの場合は、ガーゼを1日から2日間貼っていただくことが多いです。

 

小さいものでは貼らずに済むこともあります。

 

魚の目は、2日間。

 

 

傷あと、茶あざ(扁平母斑等)、赤あざ(単純性血管腫等)、

 

青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑等)の治療は、2日間。

 

 

刺青の除去、黒あざ(母斑細胞性母斑等)の治療は

 

状況にもよりますが、2~5日間位ガーゼを当てることになります。

 

 

その間、お酒、入浴(シャワーは濡らさなければ可)は、禁止となることが多いです。

 

もちろん、状況によって変わってきますが、

 

概ね、こんな感じでとらえていただければよいと思います。

 

 

まずはご相談いただき、予定を立てて治療に入っていただくのが

 

一番よいと思います。

 

 

初診相談は無料です。

 

 

皆様のご来院をお待ちしております。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.09.05更新

9月になりました。

 

 

先週末から急に肌寒く、また時折さす日差しも

 

秋を感じさせるものとなってまいりました。

 

 

この季節になると 「シミ・肝斑・くすみ」の

 

お問い合わせが増えてまいります。

 

 

今日はその中でも『シミ』の治療についてお話ししようと思います。

 

一言で『シミ』と言っても、いろんな種類があります。

 

 

今日はその中で代表的な『老人斑』についてお話します。

 

 

『老人斑』とは、境界が明瞭な茶色の色素斑で、

 

イメージとしては日焼けした皮がへばりついて

 

残っているかのようにも見えるものです。

 

 

それは、老化・ニキビ・湿疹、日焼けなど

 

皮膚のダメージによって生じた局所の新陳代謝の低下により、

 

角質内のメラニンが残った状態です。

 

 

『老人斑』と言うと名前のイメージから

 

「年配の方… 」と思うかもしれませんが、

 

10代の頃から出現することもあります。

 

 

ただ、生下時からあるものは扁平母斑(茶アザ)の場合もあります。

 

 

『老人斑』の場合、放置すると年々大きさを増し、

 

色も濃くなってきます。

 

 

一見取れにくそうにも見えますが、

 

実際『シミ』の中では比較的取れやすい部類に入ります。

 

 

老人斑は、Q-スイッチアレキサンドライトレーザーや

 

Q-スイッチルビーレーザー等で治療をすることができます。

 

 

当クリニックでは、Q-スイッチアレキサンドライトレーザーを

 

使用しております。

 

 

レーザーを照射すると、シミの部分が反応し、カサブタができます。

 

そのカサブタが、個人差はありますが、1週間前後で自然にはがれます。

 

そうすると、ピンク色の皮膚が出てきます。

 

 

ここで『シミが取れた 』と安心してしまうかもしれません。

 

たいていの方はそうだと思います。

 

 

しかし…

 

 

その後に再びシミが再発したかのように、

 

だんだん茶色い色素が浮かび上がり、

 

治療後一か月後が、一番濃い状態になります。

 

 

これは『二次性色素沈着』といい、たいていの方には起こることです。

 

シミが治るまでに通らなくてはいけない過程なのです。

 

 

その色素沈着の濃さによっては、

 

お薬や色素沈着に対するレーザーなどを使用して

 

色素沈着を改善させて行く場合もございます。

 

 

「以前、ほかのクリニックで治療したけれど

 

またすぐにシミが戻ってしまった・・」

 

と言ってご来院される方もいらっしゃいますが、

 

多くの方が、治療後の色素沈着の場合が多いです。

 

 

老人斑は、加齢や紫外線が原因となりますので、

 

治療してもまた新たにできてしまうことももちろんあります。

 

 

それを防ぐために、日焼け止めは夏冬関係なく、

 

常に使用することをお勧めします。

 

 

「シミ」でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

http://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

シミ・ソバカス・肝斑 関連ページ

http://www.nihonbashi-f-laser.com/age_spot/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック