イボ治療

 

イボは一般的によく見られますが、大きくその種類を分けると、ウィルスによるものと体質や加齢によるものがあります。

 

ウィルス性のイボは他にうつることで数か月単位で増えたりすることが多いので生じたら積極的に治療をすることをお勧めします。

加齢に伴うものは、急激に増えることはありませんが毎年着実に数が増えていきます。

顔、首に多数できている場合、女性でしたら洗顔のたびにざらついた感覚があるでしょうし、化粧のノリも必然的に悪くなっていきます。男性であれば髭剃りのたびにイボをそぎ落として流血することもあります。治療に関してはレーザーでほぼ1回でそのイボは取りきれますが、一度に多くのイボを取りますと治療の後が大変ですので、何回かに分けて取ることをお勧めします。

日本橋Fレーザークリニックでは複数のレーザー、治療法を駆使して、ほとんど痕が残らないように治療を行うことができます。

イボ(wart)、皮膚隆起性病変

 

イボには肌の老化に伴うもの、ウィルスによるものなどがあります。皮膚科学的に厳密な定義があるのでしょうが、ここではレーザーで治療可能な皮膚隆起性病変も含め記します。全てが網羅できるわけではないので、代表的なもののみ記すことにします。

 

 

 

 

尋常性疣贅・・・一般的なウィルス性のイボです。年齢を問いません。手足などに多く、現れます。
老人性疣贅・・・脂漏性角化症の小さい状態です。
軟線維腫(アクロコルドン、スキンタッグ)・・・首、脇などに生じる痛みや、かゆみを伴わない柔らかいものです。皮膚からぶら下がっているかのようにも見えます。
稗粒腫・・・目の周りに生じる白い、細かいイボです。
汗管腫・・・目の下に生じることが多い、中央がやや陥没し、周囲がやや膨らんでいるものです。夏場に悪化しやすいです。
老人性血管腫・・・首、胸に生じる赤い点状の病変です。加齢とともに増える傾向にあります。

イボ・皮膚隆起性病変の治療

 

イボ・皮膚隆起性病変の治療は、単純に病変を炭酸ガスレーザーでくり抜くか焼灼(焼く)するかです。炭酸ガスレーザー治療の特徴 として出血がなく、あるいはあっても極めて少量で済みます。また、ミリ以下の単位でコントロールがきき(利き)ますので、痕の残りにくい治療になります。

治療回数 1~3回
(ほとんどの物は1回程度で済みます)
治療期間 3~6ヵ月
治療間隔 約1~3ヵ月毎
治療費 1,620円/1mm
使用レーザー ウルトラ炭酸ガスパルスレーザー

難治性のイボ・皮膚隆起性病変の場合

 

ほとんどのイボが前述した炭酸ガスレーザーで治療をすることが可能ですが、足底疣贅をはじめとする難治性のイボや炭酸ガスレーザーで削り取るのには大きいイボ、また何度か炭酸ガスレーザーで治療したにもかかわらず短期間で再発を繰り返すようなイボの場合は、色素レーザーを用いる治療を行うことがあります。難治性のイボは、足だけではなく、手のひらや甲、指などにもできる場合があります。

 

治療方法ですが、局所麻酔下にてイボを表皮と真皮の境界ぎりぎりで、できるだけ出血しないように切除します。これであらかたのウイルスは除去できているのですが、まだ当然残っているウイルスもいます。このイボを取り除いて生じた箇所に色素レーザーを照射します。レーザーによって同部に熱が発生し、この熱によってウイルスを殺菌除去します。

 

この治療は基本的には表皮のレベルで治療を行うため真皮を傷つけていないので切除のように傷の治るまで1か月かかるようなことはありません。ただ、治療は回数を要します。基本、月に1回の治療を3回~10回程度(個人差があります※1)で完治までたどり着けます。

 

 

 

治療回数 1回~
治療期間 3ヵ月~
治療間隔 約1ヵ月毎
治療費 治療費保証 ¥32,400(税込)~※2
使用レーザー 色素レーザー

※1:個人差によって異なります。大きくまた年数が経過しているものほど回数が増える傾向にあります
※2:10mmまで。以後5mm単位で¥10,800(税込)増し
(再診料、写真代、薬剤費などが別途かかります。)

※当サイトに掲載する写真は、患者様のプライバシーを保護する為にイメージ写真となっております。