レーザー専門のクリニックだからこそできる医療レーザー脱毛

1990年代半ばから医療レーザー脱毛は日本において爆発的に普及し一般的なものになりました。従来の針脱毛と比べ一回の治療が短時間で、苦痛も少なく効果も確実であるからです。様々な脱毛用レーザー機器が市場に出回っていますが、どれも治療の根本的な原理に変わりはありません。正しい理解に基づく治療は福音をもたらしますが、そうでない場合思わぬトラブルも生じます。

なお、患者様一人一人に丁寧な治療を行いたいと存じますので、申し訳ございませんがご予約人数を制限させて頂いております。詳細はお電話やメールにてお問い合わせください。

レーザー光、レーザー治療って何?

レーザー光とは単色光性、指向性、可干渉性の性質を併せ持つ人工の光です。簡単ないい方をすると、あるたった一つの色の光(単色光性)が束としてそろった状態で(可干渉性)、ある点に向かってどこまでも広がらずに飛ぶ(指向性)状態を言います。

そうすると、光は紫外線から赤外線までの範囲を指しますので、実に様々なレーザー光が存在することになります。医療レーザー脱毛では、毛のメラニンをターゲットにしたレーザー光を選択します。一般的に赤色から近赤外線の光が用いられます。

レーザーを照射された毛は、その光のエネルギーが熱に変わることで燃えてしまいます。この毛は死んでしまうのでそのまま一旦抜け落ちますが、しばらくするとまた生えてきます。しかし次に生えてくる毛は以前より細く、短くなっています。その理由としてはレーザー光によってコラーゲンの収縮がおこり、毛穴が小さくなるからだと言われています。毛の生えてくる周期(毛周期)に合わせ、複数回の治療で最終的に細く、目立たない毛にします。

日本橋Fレーザークリニックだからできる医療レーザー脱毛

 

医療レーザー脱毛時に考えなくてはならないのは、レーザー光の波長(光の種類)、エネルギー密度(強さ)、パルス幅(レーザーが1発あたりに照射される時間)の3点です。このうち医院側で調整できるのは、エネルギー密度のみという機器がほとんど。種類、パルス幅は既に設定された状態であるため、医院としてはそのまま使うしかないのです。当クリニックでは、脱毛用に2つの異なる波長のレーザーを用意しており、パルス幅までコントロールすることができるため、最適の条件で治療を行うことができます。

日本橋Fレーザークリニックで脱毛に使用しているレーザー治療機

現在、当院では、主に2台のレーザー治療機を使用しております。

 

米国キャンデラ社製 (現 シネロン・キャンデラ社)  

GentleMax(ジェントルマックス)

・・現在キャンデラ社のアレキサンドライトレーザー機種の中では最上位機種です。

波長:755nm,1064nm

 

レーザー脱毛の機械として進化してきた機種。

日焼け、色黒の人にも脱毛治療が行えるようにNd:YAGレーザも搭載しております。

 

 

米国サイノシュア社製 Apogee(アポジー)

波長:755nm

 

レーザーの設定次第で脱毛から肝斑、毛穴の引き締め、タルミの治療等を

行うことが可能。

 

 

治療の概要

治療回数 4~6回 ※個人差があります
治療期間 約1年
治療間隔 2~3ヵ月毎
治療費 2部位治療で10%引、
3部位以上治療で20%引

お得なセットコース

全身脱毛

(首から下)

※現在新規の方の受付はしておりません。

ご了承ください。

5回セット ¥486,000(税込)
3回セット ¥307,800(税込)

ワキ・ヒザ下

(ヒザ含む)

5回セット ¥183,600(税込)

ワキ・ヒザ下・ヒジ下

(ヒザ・ヒジ含む)

5回セット ¥270,000(税込)
V・I 5回セット ¥151,200(税込)
V・I・O 5回セット ¥216,000(税込)
口周囲 5回セット ¥ 81,000(税込)

ひげ

(鼻下から耳下につながる線から顎まで)

5回セット ¥259,200(税込)

治療部位の参考料金

治療部位単回6回セット
ワキ ¥5,400(税込) ¥27,000(税込)
前腕 ¥43,200(税込) ¥216,000(税込)
上腕 ¥54,000(税込) ¥270,000(税込)
ヒザ下(ヒザ含む) ¥64,800(税込) ¥324,000(税込) 
太腿 ¥86,400(税込) ¥432,000(税込)
Vライン ¥21,600(税込) ¥108,000(税込)

 

※ その他顔、背中、臀部などの治療費の設定があります。男性の場合は20%増。詳しくは料金表のページまで。

※当サイトに掲載する写真は、患者様のプライバシーを保護する為にイメージ写真となっております。