ブログ

2020.07.13更新

今日は久しぶりにホクロの治療に関して

ブログを書きたいと思います。

 

ホクロで悩んでいらっしゃる方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

当院では

 

ホクロの治療は決して1回で終わるとは断言いたしません!

 

当院は傷跡の治療も行っておりますが、

 

・他院で治療して傷跡が残ってしまった。

・自分で購入したホクロ除去の薬でケロイドになってしまった・・等

 

実はホクロの治療後の傷跡でご来院される方が多くいらっしゃいます。

 

ホクロを1回の治療でなくしたいという方には

当院の治療はお勧めいたしません。

 

但し盛り上がったホクロに関しては

1回の治療で色は残っている場合がありますが、

ほとんど平らになります。

 

当院のホクロの治療はホームページや以前のホクロに関するブログでも

書かせていただきましたが、

 

2種類のレーザーを使用して治療をしていきます。

 

まずは、炭酸ガスレーザーで傷にならないところまでほくろを削り

Q-スイッチアレキサンドライトレーザーで残っている色を壊します。

 

深いホクロはこの1回の治療ではまだ残っている場合が多いです。

そのためこの治療を1か月に一度ほくろがなくなるまで

また本人が「このくらい薄くなれば」と感じるまで

繰り返し行っていきます。

 

薄くて小さいホクロであれば、正直1回で取れてしまうことも

少なくありません。

 

またレーザーの治療後、赤みが残ります。

この赤みは人によって消失するまでに個人差があります。

 

1週間後にほとんどわからないくらいになってしまう方もいらっしゃいますが、

一般的に1か月から大きく深いホクロであった場合は

半年以上赤みが残る場合もございます。

 

赤みはいつか消失しますが、

虫に刺された跡、掻きむしってしまったときに

色素沈着が強く残るような人は

赤みが長引くことが多いです。

 

また同様にくすみが出る場合もございます。

 

これらに対しては外用薬が処方されます。

 

 

 

ではどのようなほくろが回数がかかるかというと

一概には言えませんが、

 

・ホクロができてからの経過が長い

・色が黒から紺に近く濃い

 

以上のほくろは治療回数がかかる場合が多いです。

 

そのため、ほくろの治療費は2種類準備させていただいております。

 

・とりあえず、一回で治ることにかけたい。

 少しでも薄くなれば良い・・という方は単回治療。

 

このホクロはきれいになくしたい・・という方は治療費保証。

 

治療費保証の場合は、治療後の赤みなどに対する

レーザーの治療費も含まれています。

 

毎回、ほくろのご相談の際には、

同じような内容を先生からお話させていただいております。

 

 

ホクロでお悩みの方は、

是非一度ご相談ください。

 

 

東京のレーザー専門病院

 

日本橋Fレーザークリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2015.10.24更新

ホクロの治療でご来院になる方が増えてまいりました。

 

当院では、ホクロの治療は、複数のレーザーを使用して

 

行っております。

 

 

 

当院ではまず炭酸ガスレーザーで跡の残らない深さまで削った後、

 

色を壊すレーザーを照射するという2種類のレーザーを使用する方法で、

 

できるだけ跡に残らないよう治療を行っております。

 

 

ホクロは、1回で取れてしまうものと数回治療が必要なものがあります。

 

無理に1回で取ろうとすると跡が残りやすくなります。

 

また、一見取りきれたように見えても、

 

1~2ヶ月後に再度出現することが多々あります。

 

 

 

一概には言えませんが、少ない回数で取れてしまうホクロは

 

小さく、色が薄く、また最近できたばかりのホクロという傾向が多いように思います。

 

 

 

これとは逆になかなか取れないホクロは、

 

色が濃いもの、特に黒を通り越して、鉛筆の芯が刺さったのではないかと思うくらい

 

そのため、当院では治療の目的に応じて、

 

単回治療と治療費保証をお選びいただけます。

 

 

 

単回治療にするか治療費保証で行うかの目安としては、

 

薄くて小さいものや盛り上がっているホクロで

 

盛り上がりさえ取れてしまえばよいという場合は、

 

単回治療をお勧めいたします。

 

 

 

色が濃いもの、完全になくしてしまいたいというホクロに関しては、

 

治療費保証をお勧めしております。

 

 

 

ホクロでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

ホクロ治療

https://www.nihonbashi-f-laser.com/mole/

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.10.24更新

傷あと の治療をなさる方

 

シミ の治療をなさる方、

 

ほくろ の治療をなさる方

 

イボ の治療をなさる方

 

魚の目 の治療をなさる方

 

アザ の治療をなさる方などなど・・

 

 

これらの治療に共通するのが、

 

ガーゼ を患部に数日貼る治療になるということです。

 

 

大きさや疾患によっては・・たとえばニキビニキビ、ソバカスなど・・

 

ガーゼを貼らない場合もあります。

 

 

みなさん、お休みの前に治療をしたいという方が多いです。

 

  

シミ・ほくろ・イボの場合は、ガーゼを1日から2日間貼っていただくことが多いです。

 

小さいものでは貼らずに済むこともあります。

 

魚の目は、2日間。

 

 

傷あと、茶あざ(扁平母斑等)、赤あざ(単純性血管腫等)、

 

青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑等)の治療は、2日間。

 

 

刺青の除去、黒あざ(母斑細胞性母斑等)の治療は

 

状況にもよりますが、2~5日間位ガーゼを当てることになります。

 

 

その間、お酒、入浴(シャワーは濡らさなければ可)は、禁止となることが多いです。

 

もちろん、状況によって変わってきますが、

 

概ね、こんな感じでとらえていただければよいと思います。

 

 

まずはご相談いただき、予定を立てて治療に入っていただくのが

 

一番よいと思います。

 

 

初診相談は無料です。

 

 

皆様のご来院をお待ちしております。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.09.16更新

今日は、 ホクロ の治療に関してです。

 

当クリニックでは、ほくろの治療は、

 

 

① 2種類のレーザーによる治療

 

② 手術

 

 

の二通りを行っております。

 

 

といっても②の手術は、

 

悪性の可能性があるもの

 

または大きかったり、

 

場所的に傷が残っても気にならないホクロに行っております。

 

 

ほとんどのホクロの治療は①のレーザー治療で行っております。

 

 

ほくろのレーザー治療の場合、 2種類のレーザー を使用します。

 

 

2種類のレーザーと書いたのにはわけがあります。

 

 

最近、当クリニックにご来院いただく傷跡治療の患者様の中で

 

他院や自己流のホクロの治療後、

 

傷跡になってしまったという方が増えていらっしゃいます。

 

 

ご来院いただいた方がどんな状況でほくろを除去されたかというと

 

 

・ほくろが取れるという塗り薬を使った。

 

・一種類のレーザーでホクロを取り、陥没してしまった。

 

・アフターフォローがなかった  etc.

 

 

 

当クリニックでは、

 

まず炭酸ガスレーザーで、ほくろを平らになるまで削ります。

 

そのあと、残っている色を

 

Q-スイッチアレキサンドライトレーザーで壊します。

 

 

治療後は2日間ほどガーゼをお貼りいただきます。

 

一週間後から、状況によって

 

漂白作用のあるハイドロキノンというお薬と

 

赤みを軽減させるXOというお薬を使っていただきます。

 

 

ホクロは、一度で除去できるものと、

 

再発するものがあります。

 

 

ただ無理に一度で済まそうとなると

 

傷跡になってしまうことがとても多いのです。

 

 

経過を見ながら治療をしていき

 

きれいに除去できると、

 

最終的には、ホクロがどこにあったのかもわからないくらいになります。

 

 

ホクロが気になる方は、ぜひ一度、ご相談下さい

 

 

また近日中の土日のご予約はお取りづらい状況ですので

 

お早目のご予約をおすすめいたします。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

ホクロ治療 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/mole/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック