ブログ

2022.12.19更新

先日、日本気象協会から

2023 春の花粉飛散予想が発表されました。

 

来年のスギ・ヒノキの花粉飛散量は大変多いようで

地域にもよりますが、

関東甲信は今年の1.5倍から2倍以上になるようです。

 

スギ・ヒノキの花粉症がある方には戦々恐々ですね。

 

かくいう私もスギ・ヒノキの花粉症です。

 

アレルギー性鼻炎のレーザー治療がしっかり効くタイプなので

1度治療をすると花粉が少ない年であれば

2,3年効果が持続しました。

 

特にここ2,3年は花粉がそれほど多くなかったので

マスクのみで生活できていました。

 

・・しかし、今年はそうはいきそうにもないので

久々にアレルギー性鼻炎のレーザー治療をしようと思っています。

 

例年、当院ではこの1月~4月までの間に

アレルギー性鼻炎のレーザー治療を500件前後行っております。

 

院長一人で、ほかの診療(傷跡やアザなど)も行う中での治療なので

上記人数が限界でもあります。

 

今年はすでに多くの方がご来院いただき

治療を行っております。

 

鼻炎のレーザー治療で結構重要なのは、

できれば症状が出る前、もしくは出始めてすぐに治療を行う

ということです。

 

症状が出る前、もしくは出始めてすぐに治療を行うことが重要なのは

鼻もまだ炎症を起こしていない状況での治療になりますので

治療時の痛みも少なく、効果もしっかり出ることが多いためです。

 

症状がすでに始まってひどくなってしまっている、

もしくは通年性のアレルギー性鼻炎で

常に症状がある方等にも治療は行えますが、

治療時の痛みが強くなったり、効果が少し劣ってしまう場合もあります。

 

そのためできれば通年性のアレルギー性鼻炎の方でも

一年の中でも一番症状が軽い時に治療を行うことをおすすめいたします。

 

すでに来年の花粉症に対して

アレルギー性鼻炎のレーザー治療をご希望されるご予約のお電話が

増えてきております。

 

 

アレルギー性鼻炎のレーザー治療の効果は、

1回の治療で約7~8割の方にあると言われてますが、

残り2~3割の方は全く効果がない場合があります。

1回の治療で効果がなかった方の半数が

2回目の治療で効果が出てくることがあります。

 

また通年性のアレルギー性鼻炎の方は回数をかさねることで

効果が出ることがあります。

 

スギ・ヒノキの方の花粉症の方は、

可能であれば、12月後半から1月下旬の間に

レーザー治療をされるのが一番理想的です。

 

経験上、効果が出るのに治療が2回かかかる方は

1回目と2回目の治療間隔をあける必要があるため

すでに治療にいらしている方もいらっしゃいます。

 

 

アレルギー性鼻炎でお悩みの方、

一度ご相談ください。

 

 

 アレルギー性鼻炎のHP

 

東京のレーザー治療専門病院

日本橋Fレーザークリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

SEARCH