ブログ

2015.02.13更新

スギ花粉が、東京も少しずつですが、飛び始めたようですね。

 

 

本格的飛散は、2月15日くらいからになりそうです。

 

 

そのため、アレルギー性鼻炎のレーザー治療を

 

ご希望の方が 大変増えております。

 

 

近日中ですと、ご予約が大変取りにくい状況になっております。

 

 

治療をご希望の方は、 お早目のご予約をおすすめいたします。

 

 

またメールでご予約をいただくよりも 直接お電話のほうが、

 

ご希望のお時間が早くお取りできると思います。

 

 

ご検討ください。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アレルギー性鼻炎 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/allergy/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2015.01.06更新

今日は、アレルギーの検査 に関してのお話です。

 

 

「今日はアレルギーの検査をします」 と医師に言われたり、

 

「くしゃみや鼻水がふえたのでアレルギーの検査をしてください」

 

と病院に行ったりすることがあると思います。

 

 

皆さん、その時に何のアレルギーの検査をしているか、ご存知ですか?

 

 

花粉症の時期ですから、スギ花粉、ヒノキの花粉、最近だとブタクサ、

 

カモガヤの花粉にハウスダストといったものを想像するかもしれません。

 

 

また「果物を食べたら、舌がかゆくなった!!」という方は

 

リンゴ、キウイ、バナナ、トマト、ニンジン、スイカ等

 

食べ物のアレルギーを調べなければなりません

 

当クリニックで 採血 で調べられるアレルギーの種類は、

 

約 180種類 くらいです。

 

 

これは一般的なクリニックであれば、どこでも同じくらいだと思います。

 

 

またアレルギー検査は、採血だけではなく、

 

実際にアレルギーではないかと思われるものを塗って試してみたり、

 

注射をして反応を見たりと色々な検査法がありま。。

 

 

保険適応範囲で、採血で一度に調べられるのは、

 

ものにもよりますが、多くて13項目ぐらいです。

 

 

そのためにも必要なことは 「たぶん、○○のアレルギーだと思う・・」

 

という 見当をつけておくことです。

 

 

また、医師に自分の状況等をお話しするだけでも、

 

何のアレルギーなのか 医師が予想し、見当をつけたうえで、

 

調べる項目を患者さんと相談し 決めたりします。

 

 

当クリニックで患者さんと医師が、アレルギーのお話をするとき

 

「鼻水が増えたころ、引っ越ししたりしませんでしたか?」

 

という会話が出ることもあります。

 

アレルギー検査 もなかなか奥が深いのです。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アレルギー性鼻炎 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/allergy/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.12.19更新

12月も残すところあとわずかになってまいりました。

 

 

毎日、寒い日が続いていますね。

 

 

インフルエンザも流行り始め、

 

体調を崩される方も多いようです。

 

 

どうぞ、お体を大切になさってください。

 

  

今年の最終診療日は、12月27日ですが、

 

27日は、すでにご予約でいっぱいになっております。

 

 

大変申し訳ありません。

 

 

また12月に入ってから

 

花粉症などによるアレルギー性鼻炎のレーザー治療で

 

ご来院、ご予約なさる方が増えてまいりました。

 

 

昨年や一昨年、治療をなさった方々が、

 

予防的に早めにいらしていただいているというのもあれば

 

初診の方もご来院いただいております。

 

 

花粉症のレーザー治療を1~2年に一度

 

定期的にされている方々は、

 

1月から2月上旬あたりに

 

治療のご予約をなさる方が多いです。

 

 

すでに一月のご予約も入り始めております。

 

 

当クリニックの治療は、

 

通年性のアレルギー性鼻炎の方も多く

 

症状がすでに出ていらっしゃる方にも行えますが、

 

やはり炎症が少ない状況で行ったほうが

 

痛みも少なく行うことができます。

 

 

慣れていらっしゃる方は、仕事の合間に来られて

 

そのまま仕事に戻られる方も多いです。

 

 

保険適応の治療ですので、

 

3割負担の場合 、1回の治療費は約9000円~10000円くらいになると

 

お考えいただければと思います。

 

 

治療はいらっしゃったその日に行うことができます。

 

何かご心配なこと、ご不明な点がございましたら

 

ご連絡頂けたらと思います。

  

 

ご予約、お待ちしております

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アレルギー性鼻炎 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/allergy/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.29更新

もうすぐ12月です。

 

 

日本橋界隈もクリスマスという感じです。

 

 

日本橋3丁目は、イルミネーションが飾られ、

 

一段とまた素敵な雰囲気になりました。

 

患者様との会話の中にも少しずつ、

 

「よいお年をお迎えください」

 

という言葉が交わされるようになってきました。

 

ここにきて、増えているのが ソルトピーリング や アポジー をなさる方です。

 

 

年末にお顔の角質の大掃除、大切な人と会う前に、

 

そして自分へのご褒美として

 

ソルトピーリング もしくは 美顔治療のアポジー はいかがでしょうか。


ソルトピーリング とは、名前の通り、

 

特殊に加工されたお塩を使って、

 

敏感肌にもやさしくお顔の角質除去を致します。

 

 

ソルトピーリング終了後、超音波導入 をし、

 

コラーゲンパック をします。

 

 

パック終了後すぐに、お化粧も可能です。

 

 

肌の色の白さや、モチモチ感、お化粧のノリの良さを

 

すぐに実感していただけることでしょう。

 


お時間は全部で1時間くらいです。

 

 

そして、しっかり肌のタルミを引き締めながら、

 

きめを整え、また肌に透明感をという方には アポジー がお勧めです。

 

ソルトピーリング、そして美顔治療アポジーは

 

リピーターになられる方がとても多いです。

 

 

ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

皆様のご来院、お待ちしております。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

タルミ・しわ 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/wrinkle/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.17更新

寒さが増してまいりました。

 

ハロウィーンが終わった途端、

 

日本橋もクリスマスムードです。

 


さて今日は「粉瘤」のお話です。

 

 

「粉瘤(アテローム)」と言われても


「?」という方が多いのではないでしょうか?

 

 

最近「粉瘤」のお問い合わせがとても多くなっています。

 

 

当院にいらっしゃる患者様からは


「おできができてしまった」 とか


「ニキビみたいなできものが急に大きくなった」

  

とお話しされる方が多いです。

 

 

「何年も前から背中にできものがあった」


と言われる方もいらっしゃれば

  

「ここ数日で急に大きくなったから気になった」

 
という方もいらっしゃいます。

 

 

「粉瘤」とは、皮膚が剥がれ落ちた垢などの老廃物が、


皮膚の下にできた袋にたまった状態をいいます。

 

 

体のどこにでもできますが、

 

顔や背中、耳の後ろ などが好発部位です。

 

 

袋の中のものが、外に出るとちょっと臭いにおいがします。

 

大きさは、数ミリメートルの小さいものから、

 

数センチの大きなものまで様々です。

 

 

特に急速に大きくなったものは、

 

できるだけ早い受診をおすすめいたします。

 


袋が破れてしまい、中のものが外に出てしまうと

 

化膿してしまう場合があるからです。

 

 

「粉瘤」の基本的な治療法は手術になります。

 

 

保険適応です。

  

 

手術時間は大きさにもよりますが、30分から1時間ほどです。

 

局所麻酔の手術になります。


手術中の痛みですが、

 

麻酔をするときの注射が少し痛いくらいで

 

麻酔の注射以降はほとんどありません。

 

 

最初から当院にかかられる患者様もいらっしゃれば、


皮膚科の先生からのご紹介でいらっしゃる方も増えています。


また「粉瘤」の手術を他院でしたあとの

 

「傷あと」の治療でご来院される方もいらっしゃいます。

 

 

「粉瘤」は、気づいたらできるだけ早く受診されるのが一番です。

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.10更新

夏が終わり、

 

脱毛のお問い合わせが増えております。

 

 

秋から始めると順調にいけば

 

来年の夏くらいに脱毛が終了する計画になります。

 

 

 

まずは、ワキから・・・という方もいれば

 

全身脱毛をご希望される方まで。

 

 

時間がないけれど、毛が濃くて気になるという方におすすめなのが、

 

ワキ+ひざ下 のセットです。

 

 

ワキ+ヒザ下のセットは6回となっており、

 

1回1時間~1時間半ほどのお時間がかかります。

 

 

ひざ下の脱毛をすると、

 

スカートやクロップドパンツの時に

 

気になりません。

 

 

ただ、ひざ下と太ももの境目ができてしまうというのが気になる方は

 

やはり 全身脱毛 をおすすめいたします。

 

 

当クリニックでは、アレキサンドライトレーザー(Gentle MAX)

 

を使用しております。

 

 

初診相談は、無料となっております。

 

 

脱毛を考えていらっしゃる方、

 

ぜひ一度ご相談にいらしていただけたらと思います。

 

 

ご来院、お待ちしております。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

医療レーザー脱毛 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/hair_removal/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.11.04更新

今日は『肝斑』についてのお話です。

 

 

肝斑とは、茶から黒っぽい色素斑で、シミともクスミとも言えない状態のものです。

 

 

一般的にいうクスミとは、肝斑の薄い状態と考えて差し支えないと思います。

 

 

肝斑はすぐにレーザーを照射してしまうと、逆に濃くなってしまうことがあったので

 

昔は、レーザー治療は禁!!と言われていました。

 

 

今は、レーザーの出力などを細かく設定することで、肝斑のレーザー治療も

 

可能になりました。

 

 

当院では、肝斑の治療には、

 

Q-スイッチヤグレーザー

 

アレキサンドライトレーザー

 

の2種類を使用しております。

 

 

場合によっては、内服薬や外用薬も併用します。

 

内服薬は、主にトランサミンという薬を使います。

 

この薬は、のどが痛いとき、また止血剤として使われているお薬です

 

これがなぜ肝斑に効果があるのか正直よくわかっていません。

 

でもこれを飲んだだけで、相当シミが薄くなったという方もたくさんいらっしゃいます。

 

なかなか不思議なお薬です。

 

 

また塗り薬はハイドロキノンといいます。

 

肌を漂白するといわれているお薬です。

 

 

肝斑があると、顔がとても暗く見えてしまいます。

 

紫外線が少なくなるこの時期が、一番肝斑の治療にはおすすめです。

 

またしみ全般に言えることですが、日焼け止めの使用はとても重要なポイントとなります。

 

 

またまれにハイドロキノンのお薬が合わないという方もいらっしゃいます。

 

その場合は、ルミキシルも一度お試しいただくとよいかもしれません。

 

 

ご希望の方にはご来院時サンプルをお渡ししております。

 

お気軽にお声かけください。

 

 

クスミでお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

シミ・ソバカス・肝斑 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/age_spot/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.10.27更新

今日は、赤ちゃんのあざについてお話をします。

 

 

当クリニックへの問い合わせの中でも「アザ」に関するお問い合わせは

 

とても多いです

 

中でも赤ちゃんやおこさんのアザで悩まれている方がたくさんいらっしゃいます

 

赤ちゃんのアザですが、単刀直入に申し上げます

 

「一度相談してみましょう」

 

 

「大丈夫よ~、それくらい。大きくなったら消えるわよ~。」

 

なんて言われたり、また言ってしまったりしてませんか?

 

 

確かに大人になって消えるものもあります

 

消えないものは・・成長とともに大きくなっていきます

 

薄くなるものもありますが、濃くなる場合もあります

 

 

どんな種類のあざなのか、

 

治療をしたほうがいいのか、経過をみた方がよいのか、

 

治療はいつからできるのか・・など

 

見通しを立てることが必要です。

 

 

小さいから治療はかわいそう・・そのお気持ちはとてもよくわかります。

 

 

まずは、ぜひご相談ください。

 

 

日本橋Fレーザークリニックは初診相談は無料となっております。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アザ治療 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/bruise/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.10.24更新

傷あと の治療をなさる方

 

シミ の治療をなさる方、

 

ほくろ の治療をなさる方

 

イボ の治療をなさる方

 

魚の目 の治療をなさる方

 

アザ の治療をなさる方などなど・・

 

 

これらの治療に共通するのが、

 

ガーゼ を患部に数日貼る治療になるということです。

 

 

大きさや疾患によっては・・たとえばニキビニキビ、ソバカスなど・・

 

ガーゼを貼らない場合もあります。

 

 

みなさん、お休みの前に治療をしたいという方が多いです。

 

  

シミ・ほくろ・イボの場合は、ガーゼを1日から2日間貼っていただくことが多いです。

 

小さいものでは貼らずに済むこともあります。

 

魚の目は、2日間。

 

 

傷あと、茶あざ(扁平母斑等)、赤あざ(単純性血管腫等)、

 

青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑等)の治療は、2日間。

 

 

刺青の除去、黒あざ(母斑細胞性母斑等)の治療は

 

状況にもよりますが、2~5日間位ガーゼを当てることになります。

 

 

その間、お酒、入浴(シャワーは濡らさなければ可)は、禁止となることが多いです。

 

もちろん、状況によって変わってきますが、

 

概ね、こんな感じでとらえていただければよいと思います。

 

 

まずはご相談いただき、予定を立てて治療に入っていただくのが

 

一番よいと思います。

 

 

初診相談は無料です。

 

 

皆様のご来院をお待ちしております。

 

 

 

 

レーザー治療専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

2014.10.22更新

今日は 「 青あざ 」  のお話です。

 

 

「 青あざ 」 の代表的なものは、

 

太田母斑 や 蒙古斑(もうこはん)、異所性蒙古斑 と言われるものになります。

 

 

最近 青あざ の治療をなさる方が、大変増えていらっしゃいます。

 

 

中には違う治療でご来院されていて、青あざ の話になって

 

「治らないと思っていた・・」とおっしゃる方もいらっしゃいました。

 

 

「青あざ」は、レーザー治療が 非常に効果的 です。

 

 

青あざ、黒あざ、茶あざ、赤あざ・・とあざにもいろいろな種類がありますが、

 

すべてレーザーの種類や、治療方法が違います。

 

  

中でも青あざはレーザーに対する反応が非常によいです。

 

また保険治療適応でもあります。

 

 

治療は、何回か必要になりますが、効果を実感いただけると思います。

 

詳細は、ホームページをご覧ください。

 

当院にご来院になって青あざの治療をなさっている方は

 

男女問わず、小さいお子さんから

 

最近では、40代、50代、60代の方がとても多いです。

 

 

蒙古斑や、異所性蒙古斑で小さい範囲だと

 

会社帰りに治療されていく方も多いです。

 

 

初診相談は無料となっております。

 

青あざでお悩みの方、いつでもお問いあわせください

 

 

 

 

レーザー治療の専門病院  日本橋Fレーザークリニック

https://www.nihonbashi-f-laser.com/

 

 

 

アザ治療 関連ページ

https://www.nihonbashi-f-laser.com/bruise/

投稿者: 日本橋Fレーザークリニック

前へ 前へ